リサイクル?リフォーム?アップサイクリング製品とは

この頃‘アップサイクリング(up-cycling)’製品購買価格倫理的消費トレンドの中の一つに浮び上がっています。

アップサイクリングというのは‘リサイクリング(recycling、リサイクル)’とは少し違った概念です。

リサイクリングが一度使われた製品を似た用途で再び使ったり低付加価値製品の原料で活用するならば、アップサイクリングは製品の特性を生かしながらもこれを高付加価値製品で脱皮させるのです。

アップサイクリング製品はファッション分野で頭角を見せています。

残る千を利用して新しい製品を作るキルトから最近流行するリフォーム(reform,古い物を直して再び使うこと)まで大衆もよく接することができます。

アップサイクリング製品を専門的に扱う企業ではゴミ処理に問題がある既存製品を多様なファッション関連アイテムで再生産したりもします。

しかしすべてのアップサイクリング製品が市場で成功を収めるのではありません。

私は‘芸術性+機能性+ストーリー’この三つの要素にアップサイクリング製品の成功ポイントがあると見ます。

芸術性:ファッションを論じる時省けない要素です。

他の人々と違った独特さと必ず手に入れたい美しい製品であってこそします。

機能性:製品本質に忠実でなければなりません。

例えば、カバンならば使用者が物を入れて通う時安らかながらも丈夫でなければなりません。

また、製品品質に備えて価格も適切でなければなりません。

ストーリー:アップサイクリング製品が持っている固有な理由をいいます。

スイス ブランド‘フライごつんと(FREITAG)‘銀トラック防水(放水)川と肺ゴムタイヤ、安全ベルトなど肺資材を活用してカバンを製作します。

フライタクは遷移や革をリサイクルすることに終わらなかったです。

製品コンセプトで‘トラック’を設定して世界的なファッション アイテムになりました。

韓国にも芸術性、機能性、ストーリーを保有しているアップサイクリング ブランドがあります。

そのうちのいくつかを紹介します。

2008年設立された‘トチポグッ(Touch4Good)’は垂れ幕、広告看板などを回収してカバン、財布のようなファッション雑貨を作る社会 的企業です。

国内ではアップサイクリング ファッション企業援助としても良いほどノウハウを積んだところです。

最近では自転車輪、ミネラルウォーターのボトルなど多様な素材を活用した新製品を発表しています。

レコドゥ(RE;CODE)‘増えた衣類業者であるコーロンFnCで発売したアップサイクリング ファッション専門ブランドです。

一般的に衣類新製品は市中で販売して3年ほど過ぎれば焼却するといいます。

レコドゥは焼却予定の衣類を回収して障害者職業リハビリ施設‘グッドウィルストア’で解体します。

以後専門デザイナーと奉祭祀が手作業で新しい服を誕生させます。

レコドゥの製品はイテウォン、明洞(ミョンドン)、ロッテ アベニューに背中オフライン売り場で販売されています。

リフォームも一つの手段で、日本ではゆとりフォームという専門業者が有名ですが、 単純リフォームでない全部手作業で作られた製品だと安かったりしません。


【競争力がある製品を作ってこそ】 アップサイクリング製品はただ環境汚染に対する警戒心を鼓吹する芸術作品ではありません。

実際に市場で消費者の選択を待つ‘製品’です。

アップサイクリング製品は一般製品と違い、既存製品を解体する複雑な作業工程が追加されます。

だから価格競争力を持つのが難しいのが事実です。

しかしこのような弱点を‘芸術性+機能性+ストーリー’を通じて競争力に昇華させてこそ市場で生存できるでしょう。

アップサイクリング製品がいくら環境親和的としても、市場競争力をそろえられないならばもう一つの廃棄物になるでしょう。

http://www.yutoriform.com/

まさかのキャッシュバックでフレッツ光

昨年から、仕事がやたらと忙しくなってきたので、なかなか会社から帰れなくなることもありました。

仕事が終電近くまでかかると、乗換えが必要なので結局は帰れなくなってしまいます。

最初のほうはまあ仕方ないかと思って、会社にそのまま泊まったりしていたのですが、それでは疲れも抜けないのも事実です。

それに精神的にあまりよくないので、とりあえず必ず家に帰るようにしようと思いました。

ですが、仕事量は変わらないので、終わる時間は同じです。


仕事の量を変えるのは難しいので、一番確実な転居で対処することにしました。

会社の近くに引越しをしてしまうと、どうやっても家に帰れるので安心です。

引越しと同時にいろいろな手続きをしなくてはならないといけないのですが、一番真っ先に行ったのがインターネット回線の契約です。

忙しい身ですが、家の中の唯一の娯楽がインターネットですからストレス解消にも役立っています。

ですので、前回と同じフレッツ光と契約をしました。


これまでもフレッツ光を利用していたのですが、名前も通っているだけあって品質、価格ともに安心している印象があります。

という理由だけでフレッツ光にしたのですが、ラッキーなことにちょうどキャッシュバックをしていました。

それもかなりの金額のキャッシュバックをいただけたので本当にラッキーです。

お客さんをひきつけるためにやっているキャッシュバックですが、必要に駆られた私にも平等におこなってくれるのはうれしい限りです。

食事付きマンションの便利さ

一人暮らしをしていて、苦労することの1つに、食事の準備があるのではないでしょうか。

家事全般を全部自分でこなさなければならないのは、大変なことだと思います。

食事の準備だけでも、してもらえれば、と思ったことはありませんか?そんな人に最適なのが、食事付きマンションの存在です。

朝と夜、マンション内の食堂に行けば、食事が準備してあるので、非常に便利ではないかと思われます。

空き時間も増え、有意義な時間を過ごす事が出来るようになると思います。


食事付きマンションというのは、魅力的だと思います。

家賃の他に、食事代も払う必要はありますが、その方が、意外と経済的と言えるかもしれません。

お財布にも優しいという食事付きマンションは、現代人にとって、重要視されているものと言ってもいいと思います。

それに、とても必要とされていると思います。

利用してみたいという人は、多いのではないでしょうか。

その表れとして、あまり空きがないという現状があるといえますね。


それだけ、多くの人たちが、食事付きマンションを必要としているのです。

理由の1つとしては、便利だから、ということが上げられると思います。

仕事から帰ってきて、食事が用意されているのと、そうでないのとでは、精神的にも差が出てくるのではないでしょうか。

精神的に楽になれることも、食事付きマンションがもたらしている安らぎだと考えます。

これからも、食事付きマンションは、増えていくことでしょう。

必要とする人も増えてくると思われるからです。

マンスリーマンションを探すことにしました

私は東京の会社で働いているのですが、たまに地方の支社に行くことがあります。

たいていは、1週間程度の出張ですから、ビジネスホテルに宿泊してしまいます。

けれども、来月から福井県にある支社に出張へ行くことが決まったのですが、大型プロジェクトに関する案件のため、1週間程度では終わらず、1ヶ月ほどの出張になってしまうことになりました。

いつもはビジネスホテルに宿泊するのですが、1ヶ月もビジネスホテルに宿泊するとなると、費用がかさんでしまいます。

そのため、上司と相談した結果、マンスリーマンションを契約することを決めました。

マンスリーマンションというマンションがあることは、もちろん私も知ってはいましたが、実際に住んだこともなかったので、正直不安ではありました。

私は、清潔感を大事にするタイプでしたから、不潔な環境に1ヶ月もいることは想像も出来ません。

福井県でのマンスリーマンション選びは、福井支社の人にお願いすることにしたのですが、くれぐれも汚いところは選ばないようにお願いをしておきました。

翌日、福井支社の方から、いくつかのマンスリーマンションの部屋の情報をファックスしてもらいました。

そのファックスを見る限り、とても普通に清潔感のある部屋でしたので、私はそれらの物件の中から、風呂とトイレが別々になっているものをお願いすることにしました。

これで、安心して福井での1ヶ月を過ごせることになりました。

とてもよかったです。

自分に合った保湿力の高い化粧品の探し方

私は昔から乾燥肌で最近敏感肌にもなり、なかなか自分に合う化粧品が見つかりませんでした。店頭に行って購入しようとすると美容部員の方がいろいろ勧めてくれ、その場では良く感じいろいろそろえて購入し、実際使用し始めてから合わないことが判明。無駄になってしまうことはよくありました。美容部員さんの話だと、乾燥肌にはやはり保湿力が高い化粧品が良いとのことで、高価な化粧品を買うことになり、かなりお金も無駄にしていました。美容部員さんに勧められると断りきれなくなる私は、店頭で買うのをやめ、通販で購入し始めたのですが、やはり試すことができず失敗することもしばしばあり、広告だけを信じ購入することは危険だと感じていました。

保湿力があると謳っている化粧品は、ものによってはベトベトするばかりで浸透力が悪いものや肌に塗ったときはいいのですが、時間が経つと乾燥してカサカサになってしまうものが多く、合わないものを使ったことによって肌荒れがひどくなることもあり、本当に自分に合うものを探すのは大変です。

失敗ばかりで悩んでいたときに、インターネットで見つけたのが、化粧品の口コミサイトです。もちろん皆さんの意見はさまざまあり、化粧品によっては賛否両論なのですが、同じような年代や肌質の方を参考に購入し始めてから失敗がほぼ無くなりました。私はひどい乾燥肌のせいか、基礎化粧の段階では大丈夫なのに、ファンデーションを塗った途端やしばらく時間が経つと粉がふいてしまい、顔全体がカサカサということがよくあるのです。サイトと通して同じような悩みの方もいることがわかり、また使った方の生の声が聞け、口コミサイトを参考にして良かったと思いました。最近は自分にあった保湿力のある化粧品も見つかり、トラブルもほぼなくなり、もしかしたら若い頃より肌が落ち着いているかもしれません。商品を購入する際の参考にすると良いと思います。

キャリーケースはキャスターで選ぶ

キャリーケースはキャスターで選びたいです。
ファッション性を優先してしまうと公開してしまうことが多いように思います。
出来れば荷物が入った状態で試用してみたいところです。
レンタルや友達に借りて試してみるとよくわかります。
店で買うときは片手でもキャスターがすいすい動くものにしましょう。
少しでも引っかかるようなキャリーケースだと荷物を入れた状態では使い物になりません。
宅配便の利用などで大荷物を抱えて旅行という時代ではありませんが、楽に移動できる方がいいですから。

キャリーケースにはキャスターが二輪のものと四輪のキャリーケースがありますが、一長一短で、しかもメーカーによって使い勝手が違うので選ぶ際には悩むところです。
私はハードタイプのしっかりと本体に固定された四輪タイプのものを愛用していますが、二輪のタイプは機動性が高く、総じて段差に強いものが多いので好みの別れるところです。
四輪のキャリーケースは移動が楽なのと収納能力が高い物が多いですね、段差についてはメーカーによってキャスターの仕組みが違っていたりするので一概には言えません。

ビジネスで毎日移動しているような方でもなければ、何種類ものキャリーケースを購入して、用途別に使い分けるという訳にはいかないでしょう。
基本的には平らな場所で移動が楽なものにしておいて、段差は極力避けて通るのが一番の解決策なような気もします。
特に女性の場合は、二輪でも四輪でも階段などの段差があるところでは移動しづらいということには変わりませんから、多く使うシチュエーションで楽に移動できることを優先して選ぶことをお勧めします。

学生寮は一般のアパートより家賃が安く設定されていることが多いそうです。

学生寮は学生だけが入居できる賃貸物件のことだそうです。
ほとんどが、トイレ、洗面所、お風呂が共同で利用するところが多いそうです。
食堂もあり食事も栄養士などが管理してくれているそうです。
学生にとっては食事がついているのは嬉しいと思います。
しかも栄養を考えてある食事なら健康管理にもなります。
また学生寮にはほとんど管理人がいるそうです。
管理人は生活習慣のマナーや規則を守るルールなどに気を配り管理します。

学生寮を選ぶときは何を基準にしますか。
一般的なアパートに一人で暮らすより家賃が安いことがあります。
学生にとっては家賃が安いというのは助かると思います。
最近は新しい綺麗な学生寮も増えていると聞きますので、必ずしも家賃が安くても古いわけではないと思います。
あとは通学時間でしょうか。
学校がしている寮ならばそんなに遠いということはないと思いますが、そうではない場合で自分で学生寮を探すときは通学時間も気にした方がいいと思います。

もうひとつの学生寮を選ぶ基準として、プライベートがあるかどうかではないでしょうか。
もしかすると一人部屋ではなく二人だったり三人部屋と言うこともありえます。
広く考えて友達ができる、一人で寂しくないと思えるなら二人や三人部屋でも全然問題はないと思います。
どうしても一人部屋がよいなら必ず一人部屋とうたっている学生寮を選ぶことになりますよね。
部屋の他が共同スペースになっていることが多いので、集団生活の楽しさやまたはルールを守るということを学べると思います。

ひばりヶ丘の賃貸に引っ越しすることになりました。

最近の就職活動は、とても大変で、私も大学3年になってから、せっせと就職活動をしていました。

なかなか決まらずに、就職活動がつらく感じることもありましたが、負けずに頑張りました。

大学4年になっても就職活動は続きました。

しばらくして、ある会社から、ようやく内定をもらうことが出来ました。

東23区からは少し離れたところでした。

私の住まいは横須賀でしたが、自宅から通勤するには少し遠いと思い、一人暮らしをすることにしました。

会社からほど近い、ひばりヶ丘で、賃貸マンションを探しました。

私は、ひばりヶ丘に初めてきました。

ひばりヶ丘駅は、建て直したばかりということで、とてもきれいでした。

東京とはいっても、23区から離れている、ということもあり、駅近辺は、栄えていましたが、少し離れると閑静なイメージがありました。

雰囲気的には、とても感じが良い場所だな、と、思いました。

まずは不動産会社を探すところから始めました。

賃貸マンションの相談をすると、まだまだ開けたばかりのところなので、新しい賃貸マンションも多いですよ、と、不動産会社の人はいいました。

いくつか、賃貸マンションの物件を見せてもらいました。

その中の1つに、ひばりヶ丘駅から、少し離れていますが、歩ける距離に、手ごろな賃貸マンションを見つけました。

私は、外観を見て、その賃貸マンションを気に入りました。

中を見せてもらうと、まだ、新しい物件だったため、とてもきれいでした。

私は、そこの賃貸マンションを契約することに決めました。

良いリフォーム会社を選ぶには

リフォーム会社を選ぶときはどんなことに気をつけたらいいか。それは施工実績と、実際に施工したあるいは施工途中の現場をしっかりと見学させてくれるようなところがいいと思う。その会社で施工した人の生の声を聞くこともとても大事だ。施工費用の安さだけでリフォーム会社を選ぶことだけは絶対に避けなくてはならないと思う。それから、漠然とでもいいから、今何に困っていて、どんな風に改良したいか、大まかな予算はどれくらいまでなら準備できるかという2点だけは、家族でよく話し合って決めておくといいと思う。それを示した上でリフォーム会社がどんなプランを持ってくるか、その中に自分たちの希望がどこまで反映されているかで、リフォーム会社を選ぶといいと思う。複数の会社を比較するといっても自分たちの希望が定まっていないと、比較の仕様がないからだ。また、引越しせずに、住みながらリフォームすることを希望する場合には、やはり多くのケースを扱っている会社を選ぶに越したことはない。住みながらリフォームというのは、想像するよりずっと大変なことだからだ。一部屋ごとに仕上げてゆくため、たとえば内装職人も同じ壁紙を張るのだとしても、数日に分けて何度も足を運ばねばならない。電気や水道などの業者も同じで、そうした作業工程と職人の管理がきちんと任せられる会社でないと、無駄に工事期間がかかってしまったり、職人間の統制がきちんとできていないために、作業が難航してしまったりということがあるからだ。

我が家がリフォーム会社を選んだ決め手

現在、私の実家はリフォーム中です。

父は今回のリフォームにあたって会社の選定にかなりの時間をかけていました。

いろいろなリフォーム会社の店長達に会って、あそこの会社の店長は調子が良すぎるとか、こっちの会社の店長はいい加減だ、などとリフォーム会社の店長達の人柄を良く観察していたものでした。

父いわく、リフォームとは店長との長い付き合いになるだろうから誠実な人にお願いしたい、という願いがあったようです。

そこで父のお眼鏡に叶った店長が現れました。


そのリフォーム会社の社長というのは、歳が30歳と若いのですが見た目は40歳くらいに見える非常に落ち着いた人でした。

私よりも年下と聞いたときは、大きい声を出して驚いてしまったくらいです。

彼はとにかくあまり喋らず、こちらの質問にだけ答えていくような人でした。

かといって熱意がないわけでなく、こちらがこういったものはないか、といったことを聞くと次に会うときまでにちゃんと調べておいてくれるのです。

当たり前のことなのですが、総合的に見て父はその彼の会社に頼むことにしました。


予想通り、その彼は真面目でそつなくこなしてくれています。

私が車椅子ユーザーということもあり、私の部屋に関しては職人も交え何度も打ち合わせの時間を設けてくれて、非常に助かっています。

そのおかげで少々工期が延びてしまい、ただいま現場の職人たちは焦っているという状況ですが。

ただその店長である彼なら、間違いはないだろうと家族全員で信用しているのです。

やはり人と人とのコミュニケーションそして人に対する誠実さというものは大切なんだな、と改めて感じたものでした。